事業概要  沿革  設立趣意書  定款  関連団体  役員・事務局  事務所の面々  コンタクト 
1999年度事業計画書


県内各機関との連絡調整事業

  • 埼玉県の審議会への参加
     従来,県の障害者関係の審議会は,行政関係のほか障害別団体や施設等の委員が多数を占めてきました.そのため,地域社会全体を見渡した議論が成り立ちにくく,一般的な福祉拡充でまとまっていた傾向がありました.
     しかし,当協会が発足し,委員を送るようになってから,福祉という「別枠」の世界を広げるだけでなく,地域社会の基本骨格の中に障害のある人々を受けとめてゆくことの可否が論議されるようになりつつあります.
     現在は,以下の審議会に委員を送っています.
    • 埼玉県障害者施策推進協議会
    • 埼玉県福祉のまちづくり条例推進委員会
    • 埼玉県ケアマネジメント検討委員会
    • 埼玉県障害者雇用推進検討会議(仮称)

  • 地域連携活動への参加
    • 埼玉障害者市民ネットワーク
       
    • アンテナ・ショップ「かっぽ」
       (埼玉県庁内福祉の店)
    • 見沼福祉農園


ケアシステム事業

 重い身体障害をもつ人々がアパートや借家で一人暮しを始めたり,地域の他の人々とともに働く店づくりを進めるなどの体験が行政を動かし,公的な介助料制度が少し作られてきたことを背景に,障害のある人たちとその介助に入る人たちによって,県内各地に自主的な介助システムが作られてきた.それらの介助システムの連携を図るとともに,その介助システムと生活ホーム(グループホーム),デイケア(作業所)との関係,また公的ヘルパー制度や介護保険制度の問題点,さらには特別な「介助」を不要にしてゆく地域での共生・共働関係の模索などを考えて行く事業.埼玉県シラコバト長寿社会福祉基金の助成を受けている.
 本事業は,埼玉県シラコバト長寿社会福祉基金の助成事業です.
 ※1997年度まで,調査・研究事業の中の「介助システムネットワーク事業」として実施していた事業です.


相談・援助事業


普及・啓発事業


調査・研究事業

  • 自立生活プログラム(ILP)事業
     障害をもつ人々が,その障害のために,特別な世界で生きることをしいられているという,ひとつの事実があります.これに対し,地域の他の人々と一緒にあたりまえに生きる道を探ること,それが本事業のプログラムです.毎年,県内各地の諸団体にプログラムの実施を公募・委託して行ってきました.
     初めは,障害者が自分の意志で生きることや,それを支える介助者・援助者のありかたに焦点をあてたプログラムが多い傾向にありました.その中から,さらに個人がどう自立するかだけでなく,家族・友人・同僚・同級生といった人々が地域でどう暮らし合い,働き合うかに焦点を当てたプログラムも試みられ始めています.
     本事業は,埼玉県シラコバト長寿社会福祉基金の助成事業です.

  • 情報ネットワーク事業
    【理念】
     本事業は,1998年2月よりスタートした新しい事業です.
     地域とコンピュータあるいは情報ネットワークというと,一見,何のつながりもないかのように見えるのではないでしょうか.
     情報ネットワークは,就労の道具,意志伝達の道具.在宅で閉じこもりの方や企業に入って仕事したい方の社会参加のための魔法の杖のように語られることも多いようです.
     しかし,当協会の提案する情報ネットワーク利用のあり方は,それとは異なるものです.
     私たちは,実証的かつ実践的に,新たな技術にも常に眼を開いて,地域福祉時代の情報ネットワークのあり方を考えています.  地域やくらしをつなぐための情報ネットワーク.本事業では,そのためのグランドデザインを提示してゆきます.

    【活動内容】

    • 情報ネットワーク勉強会の開催
    • 当協会ホームページの運営・管理
    • 情報ネットワークを利用のサポート
    • メーリングリストの運営
    • 電子要約筆記
       当協会の主催する会議やセミナーなどで,コンピュータとビデオプロジェクタを用いて,電子要約筆記を行っています.
       現在は,主だったイベントに限られていますが,体制を拡充し,よりきめ細かなサーヴィスをしてゆく予定です.
    • 資料の電子化・配布



[ 最初に戻る| 表紙に戻る ]